燃料電池モデルといった電気自家用車の違い

地球温暖化は以前は疑心暗鬼姿勢も多かったですが、台風の大きめ化や夏場の高熱などが起きてあり、断然温暖化が進んでいるようです。

そこで注意が伸びる片方なのが、エコカーだ。環境に優しい車にはハイブリッドモデルなどがありますが、断然本命と言われるのが燃料車という電気車だ。

電気車(EV)は現在でも三菱自動車のアイミーヴなどが市販されています。一方、燃料電池モデルはトヨタがミライを公表し、近々普及して出向くことでしょう。

燃料電池モデル(FCV)とEVの違いですが、とも電気でモーターを駆動させて走り回ることは同じです。違いは、燃料電池モデルの場合は水素を分裂して、電気を生み出して走り回る、という点だ。

FCVは充電の瞬間が要らず、走行距離も長いという点がプラスだ。その愛車査定だが、依然として普及し始めたクラスですので、本音市価も定まっていません。ただ、水素が安く供給されてのぼり易くなれば、愛車査定けれども燃費の良さなどから高く評価されるでしょう。